2015 / 02
<< 2015 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2015 / 03 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイをぎゅっと胸に押し当てて 込みあげる想い君に届ける

スポンサーサイト

コーヒーの香りと朝刊食卓に 君を待つ朝小さな幸せ

行く道をおろかと思えばそれでいい 自分の道は常に真っ直ぐ

絆創膏ペタリと怪我に貼るように 触れる唇心を癒す

待ち合わせ水玉模様のブラウスに フレアースカート春風にゆれる


異なった二人の道の合流点 enterキーを叩いた瞬間

ジャム瓶に二人の思い出書いたメモ 色とりどりの幸せが熟す

何度目の春かな君と過ごすのは 今年も会える淡い桜LOVE(サクラブ)

夫と婦から恋人になるその時間 貴方は男私は女

シーソーにハートを乗せたバランスは 中心かなり私寄りだよ 

君の顔思い浮かべて深呼吸 心潤す栄養剤

重要と赤で印をするように 君のほっぺにチュッと口づけ

渋滞の車に流れる音楽に 急ぐ気持ちをしばし忘れる

手を広げ目を閉じ深く深呼吸 スタートラインに今君と立つ

▼続きを読む▼

一作品目の「今」から始まり、今年で4回目のチャレンジです。
日常を素直な気持ちで言葉にできたらいいなと思っています。
今年も伴走してもらいながら完走を目指してマイペースでがんばりまっす!!


椋

Author:椋
短歌を詠み始めて「題詠2012」を知りました。
参加しようかとブログを始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。