2014 / 03
<< 2014 / 02 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2014 / 04 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り添ったベンチの二人に春風も 桜舞い上げフラワーサービス
スポンサーサイト

花楓新芽の紅(くれない)萌え立って 捜さずも迫る春の勢い

うつむいて艶やかに咲くカタクリを 柔らかく包む春の木漏れ日

山茱萸を生けて遠目に眺めれば 黒檀に映え黄金に輝く

睦まじく南天の実を啄んで 飛び去る小鳥の声楽しげに

それはただ延々の時間(とき)の一瞬間 今なお心にあの日の桜

錆ついたブランコ漕げば懐かしく 学び舎の跡ただチューリップ揺れる

雪払い倒れた南天起き上がり 赤い実きらきら艶やかに笑う

雪一面いずれ来る春想い寄せ ハート模様の花びら散らす

雪融けの水澄む河原のねこやなぎ 柔らかき陽に花穂膨らむ

早春の快晴の空眩しくて 目を開けられず水仙の蕾

花言葉は「無邪気」と言って店員が 花束にしたフリージア抱く

椋

Author:椋
短歌を詠み始めて「題詠2012」を知りました。
参加しようかとブログを始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。