2014 / 02
<< 2014 / 01 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - 2014 / 03 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようの返事に添える一枚は 見つけたばかりの春福寿草

スポンサーサイト

雪払い梅一枝を瓶に差し 窓辺に置けば春も近づく

冬の陽がガラスの壜に溶け込んで ヒヤシンスの花ほんのり育つ

飲み干した盃の数だけ染まり行く 桃色の頬君色の瞳

真っ白な雪の下には咲くを待ち 色とりどりが夢見て眠る

今年で3回目の参加になります。
自分の想いを素直に言葉にしながら完走を目指します。
よろしくお願いします。

椋

Author:椋
短歌を詠み始めて「題詠2012」を知りました。
参加しようかとブログを始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。