2012 / 04
<< 2012 / 03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2012 / 05 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形なき貴方からのプレゼント 心の棚が満たされていく

スポンサーサイト

いつの日か一対になる貝あわせ 二人で閉じて確かめ合えたら

スクリーンに自分を映して涙する 貴方の肩にそっともたれて

あと少し結びきれないもどかしさ 短い紐は貴方との距離

晩ご飯待ちきれなくて覗き込む 貴方のメガネが湯気で曇って

来年もきっと二人で歩けると 桜吹雪を見あげて願う

気が付けば貴方が心を占領してた 遮る武器を持つ間もないまま

来ぬ人に思いを馳せて待つ夜長 渋めのお茶で心鎮めて

貴方の名付けて世話するゲームの子犬 お鼻撫でればバクテン披露

立ち入れぬ貴方の囲い見ぬふりで 笑顔を作る自分をせめる

紅いバラ寄り添うように活けてみる 貴方の心私の心

川縁で貴方と見つけたクローバー 枕の下にそっと敷く夜

一瞬に私を変える謎の人 奥底の真さらけ出させる

お互いに戻るふるさと隠しつつ 今この時だけを全てと思う

庵(あん)で待つ貴方の胸で香りたい 金木犀に暫し佇む

罰ゲーム貴方がくれたデコピンは 跡にくちづけおまけ付き

満天の星空行きは二人乗り ドライブシートに身体を委ねて

汚れなき何億光年輝きに 貴方の手を取り永遠(とわ)を願う夜

椋

Author:椋
短歌を詠み始めて「題詠2012」を知りました。
参加しようかとブログを始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。